のたろんHOME > 登録団体 | 全団体一覧

(9)地域安全活動

No.
団体名
活動目的
備考
31
米国の原子力空母の横須賀母港問題を考え、行動する。
33
この会は、非常災害等により有線通信が途絶した場合において、自己の所有する無線局を利用して、横須賀市が行う災害に必要な非常通信連絡に協力することを目的とする。
43
すみれ会会員の元気と活力を他の人々と共に分かち合いたい。そして少しでも喜んでいただけたら幸である。
50
三浦半島の地下構造・地質環境などの調査・研究をし、その成果をまとめ地震災害の軽減に役立つ資料を作成する。公的機関による三浦半島活断層群の最新の調査報告内容を、市民に周知する活動をする。
62
赤十字の人道、博愛の精神に基づき「災害救援」「講習普及」「社会福祉」活動を中心に、明るく住みよい社会を築き上げていくてめに、必要な実際的な活動を行うと共に、会員相互の親睦を図るものとする。
141
情報の収集、要望事項を取りまとめ会員に発信する。 障がい者スポーツを行い、親睦と協調、機能訓練を計る
161
犯罪・非行をした人の更生を助ける。
171
・ビキニ被爆の実態を調べる ・横須賀を新たな核戦争の発火点にしない ・東京湾を非核の海にしない
252
災害発生時は日本赤十字社の指示のもと、災害復旧、災害救援等にあたる。平時は三浦半島地区の市、町と連携をもって防災訓練、赤十字の救急法普及、各種行事の救護所活動を通して地域の安全安心の活動を行う。
279
赤十字の基本理念「人道」に基づき、明るい住み易い社会を築き上げていくために必要な実際的活動に奉仕するものとする。
295
横須賀市内市立幼稚園による団体。研修情報交換、子育て支援事業。幼稚園教育の重要性をアピールする。
321
青少年の非行防止と健全育成
335
原子力空母の母港化について、住民投票の実施を実現させること。
382
横須賀市民を対象に、三浦半島を活動範囲とし、ウォーキング運動の普及と自然保護及び環境保全に積極的に取り組む。
ボランティア募集
398
地域の住民に対して、事故予防、安全管理、自己保全、泳法、救助法、救命と応急の手当、津波による災害など、水に関わる活動において安全を図るための総合的な知識と技術の普及に関する事業を行い、水の事故予防及び生命の安全に寄与することを目的としています。
452
住み慣れた地域で安心して暮らしたいと願う高齢者、障がいのある人、子育て中の人、病弱な人など、家事などで困っている人たちのために「できることをできる時に手助けする」をモットーに助け合う活動を行う。
516
巨大地震による原子力空母災害から首都圏民の生命財産を守る
ボランティア募集
606
更生保護の援助など
610
横須賀中心市街地商店街の活性化
633
市民自治の周知
639
高齢の市民や障がいをお持ちの方たちに(基本的に)ボランティアにて買物、通院、公共手続などのための移動のお手伝いをします。
94
①横須賀市内の核燃料施設などからの放射能災害を未然に防ぐこと ②万が一放射能災害が起きたとき、被害を最小限にくいとめること ③他地域の原子力施設からの原子力災害をも考慮に入れ、身を守ること。 ④最終的な目標として脱原発社会を目指すこと。
654
大規模災害のとき「わが身、わが命」を自分で守る。そして阪神淡路・東日本大震災等の教訓を生かし「災害時、わが身と家族の命を守る」ための知識・技術をもったボランティアを養成する。
681
市民に対し、海上安全航行、並びに海難防止に関する事業を行い、海上の浮遊物除去等で地域社会の向上に寄与することを目的とする。
717
北下浦地区の活性化を目的として、誰もが気楽に訪れてくつろげる場所、情報交換の場、そして何より人とのつながりを大切にし、地域の課題解決を見出すきっかけ作りを目的とする。
730
高齢化が進む中で高齢者の一人暮らし、二人暮らしが増えている。高齢者やハンディを持った方々への支援活動を通じて明るく、暮らしやすい生活環境を作ることを目的とする。
749
奉仕活動の活性化を図る普及促進活動
問合せ:横須賀市立市民活動サポートセンター(TEL: 046-828-3130)