臨時休館のお知らせ(休館期間の延長 3/26の情報)

サポートセンターは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、臨時休館しますのでお知らせいたします。
皆様のご理解・ご周知の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

休館期間:2020年 3月4日(水)〜 4月27日(月)まで(※)

ただし、スタッフは待機していますので、下記事項につきましては対応いたします。

  • 電話やメールによるご相談
  • 貸出ロッカー(荷物の出し入れに限る)
  • 貸出レターケース(引き取りに限る)
  • ロッカー・レターケースの申請、ボランティアポイントの換金 など

(※)今後の状況によっては休館期間及び対応を変更する場合があります。

参照:市民活動サポートセンター | 横須賀市のホームページ https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2405/nagekomi/20200302saposenkyuukan.html

【募集】2020年度 ロッカー・レターケースなどの利用

サポートセンターの館内設備「団体用ロッカー」、「団体用レターケース」、「団体の会報ファイル設置」の2020年度の募集です。

※使用を継続する団体も申請が必要です。
※申請にはサポートセンターの市民活動団体登録が必要です。

申込み方法

申込期間:
2020年3月1日(日)~3月20日(金)

「市民活動サポートセンター 設備使用申請書」に必要事項を書き、サポートセンター受付へお持ちください。
Eメール、ファックスで申請されたときは、必ず電話で申込みの受信を確認してください。(電話番号: 046-828-3130 )

ダウンロード

利用規定2020年版(PDF 150KB)

設備使用申請書(MS Word 40KB)

設備使用申請書(PDF 80KB)

応募多数の場合は、2020年 3月25日(水)10時より、公開抽選をおこないます。
※落選した場合には、その旨ご連絡します。
※市民公益活動団体として当センターに登録してある団体を優先とします。

市民活動サポートセンターの利用【設備について】

団体用ロッカー(有料)
団体用レターケース
団体の会報ファイル

ピンクシャツデー2020

サポセンのピンクシャツデー2020

今年もサポセンでは「ピンクシャツデー」の掲示をおこなっています。

ピンクのシャツにいじめ反対のメッセージをお寄せください

「ピンクのシャツにいじめ反対のメッセージをお寄せください。」
のたろんフェア2020開催中もみんなに書いてもらいました。
期間中もメッセージが書けます。

展示期間は3月5日(木)まで、サポセン「活動紹介コーナー」フロントエリア(どぶ板通り側の玄関口)

いきいき市民塾【2020年3月15日開催】

コロナウイルス感染拡大防止対策のため、本イベントは中止となりました。

いきいき市民塾~市民活動体験話を聞く会~

横須賀で活発に市民活動を続けている方から、活動を始めたきっかけや現在の活動についてのお話をうかがいます。
現在活動をしている人も、これから始めようとする人にもお薦めです。

第9回目のゲストは、

柴崎 貞夫さん
シニアネット横須賀・どんぐりの会
仕事で培ったパソコン技術で、次世代の育成に努められる一方で。福祉施設等で‘昔懐かしの歌・高齢者体操・楽しいゲームなどで高齢者に対し、心に安らぎを与えるボランティア活動をされています。

小久江 とも子さん
よこすかまちづくり市民の会
同会が定期開催する「料理教室(男と女のおしゃべりクッキング)」や、幅広いジャンルの‘講演会’、さらには横須賀の文化と生活情報など多くのまちづくり情報発信に長く関わっておられます。

日時:2020年3月15日(日)14:30~16:30
場所:横須賀市立市民活動サポートセンター
対象:市民活動に関心のある方どなたでも参加できます。
参加費:無料
申込方法:お電話にて、必要事項をお伝えください。

TEL 046-828-3130
横須賀市立市民活動サポートセンター内
4Sクラブ(担当:ほそだ)

必要事項
・氏名
・参加人数
・ご連絡先電話番号
・所属団体名(あれば)

主催:4Sクラブ

のたろんフェア2020「参加団体報告会・交流会」中止のおしらせ

2月18日(火)横須賀市長より新型コロナウイルス対策の指示がありました。

指示をふまえ、のたろんフェア2020、事務局・実行委員会で検討した結果、

2月21日(金)に予定していた、のたろんフェア2020「参加団体報告会」「交流会」は、中止とさせていただきます。

参考:
横須賀市「イベントの対応について(市長指示)」2020年2月18日

なお、全団体出席扱いとし、報告会資料は後日お渡しいたします。また、お預かりしています、交流会の会費は全額返金いたします。ご用意がございますので、ご都合のよいときに、サポートセンターにお越しください。

市民公益活動ポイント制度【2020年度】

ボランティア活動に参加すると、市民公益活動ポイント券がもらえます。
もらったポイント券は、団体に寄付したり、横須賀市の公共施設、一部のお店で金券として利用することができます。

くわしくは、
「市民公益活動ポイント制度」よりご覧いただけます。

詳細: 市民公益活動ポイント制度(横須賀市のホームページ)
⇒ http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2405/point/201504.html 

お問合せ先: 横須賀市 市民部 市民生活課 市民協働推進係(TEL 046-822-9699 担当者)


横須賀市市民活動サポートセンターの窓口で、出来ること。

個人の方

▼ポイント券の寄付をお預かりします

ボランティアをして、もらったポイント券の裏に、あなたの「氏名」と「寄付したい団体名」を書いて受付へお持ちください。もらったポイント券は、寄付以外にも、使うことができます。

利用期限:ポイント券に記載されています。
2018年度発行のポイント券は、2020年3月31日まで。2019年度発行のポイント券は、2021年3月31日までです。

団体の方

申請書などは『「市民部 市民生活課」の書式 / 市民公益活動ポイント制度』よりダウンロードできます。

⇒ http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2405/shoshiki/2405_100.html

“市民公益活動ポイント制度【2020年度】” の続きを読む

【発行】NPO法人活動体験レポート集(2019年版)

横須賀市内のNPO法人がわかる冊子を発行しました。

2019年12月発行

NPO法人についてもっと知りたい。
NPO法人ってどんなことをしてるの?
こんな活動に寄付したい

横須賀市立市民活動サポートセンターのスタッフが実際に市民活動団体に出向き、活動をしながら団体の方に話しを聞いてまとめた『NPO法人活動体験レポート集』です。聞き取りには21団体のNPO法人団体の方にご協力いただきました。ありがとうございます!

【お問合わせ】
横須賀市立市民活動サポートセンター
TEL:046-828-3130 E-mail:info@yokosuka-supportcenter.jp

<聞き取り調査レポート 21団体>
横須賀市指定特定非営利活動法人 アクション追浜
障害者地域活動支援センターアトリエ夢喰虫
特定非営利活動法人 アンガージュマン・よこすか
地域活動支援センター あんしん農園
特定非営利活動法人 一麦
特定非営利活動法人 れんげ(公郷かりがね作業所・すずらん)
元気ハツラツ明るいまちづくり
特定非営利活動法人 国際架橋書連盟
認定NPO法人 産業クラスター研究会
NPO法人 チームチームくじら号
NPO津久井マリンスポーツ連盟
横須賀市精神障害者家族会 NPO法人横須賀つばさの会
童謡・唱歌・世界民謡などを歌う・さくらの会
Purrfect Stray and Rehab Sanctuary
特定非営利法人 横須賀精神保健ふれあいグループうらら 陽だまり
放課後デイサービスふれんど
ぽっかぽか荘
みゅーまる
横須賀港湾防災支援会
横須賀の福祉を推める会
YMCAコミュニティサポート

参加団体 募集(のたろんフェア2020)

開催 2020年2月8日と9日(土・日)@横須賀市立市民活動サポートセンター

のたろんフェア2020

のたろんフェア2020 参加団体の募集です。


募集はすべて締め切りました。


募集期間:
2019年11月1日(金)~11月15日(金)

  • 募集枠の定数を超えた場合は抽選になります。抽選後、落選した団体にのみ連絡をいたします。
  • 定数に満たない場合は二次募集として11月25日(月)まで受付(先着順)、定数になり次第締め切ります。
  • 二次募集の募集状況はサポートセンター館内表示およびホームページをご覧ください。
  • 抽選日 2019年11月16日(土) 二次募集開始日(定数に満たないカテゴリーのみ) 11月17日(日)より

参加必須事項
申込みには、横須賀市立市民活動サポートセンターの「市民活動団体データベース」に登録している市民公益活動団体であることが必要です。

その他、注意事項があります。

申込みをする前に、必ず『参加団体募集要項』と『募集要項 注意事項』をご覧ください。

ダウンロード

参加団体募集要項(PDF 360KB)
募集に関する詳しい資料(3ページ)です。

募集要項 注意事項(PDF 250KB)
応募方法など、申込に必要な事項(3ページ)

参加団体申込案内 おもて面(PDF 350KB)
募集に関する概要(1ページ)

参加申込書(PDF 350KB)

参加申込書(WORD 50KB)

SDGs講演会(2019/11.30)

横須賀市立市民活動サポートセンター 20周年記念事業企画

SDGs講演会

「横須賀からSDGsを考える~私たちはどんな未来を描くのか?」

台風の影響で延期していた「SDGs講演会」の日程が決まりました。開催場所も変更になりましたので、ご注意ください。

日時:2019年11月30日(土)13:30~16:00
場所:ヴェルクよこすか 第一研修室
定員:50名
参加費:無料
※資料代300円(EPC発行『パートナーズシップでつくる私たちの世界』)

申込方法

申込み用紙をダウンロードし、ファックスまたは、メールでお申込みください。

申込先:横須賀市立市民活動サポートセンター
FAX番号:046-828-3132
メールアドレス: info@yokosuka-supportcenter.jp


「私たちの社会を変革する」をテーマに、2015年9月の国連総会で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」は、持続可能な社会を実現するために未来へ向けた行動計画です。

20周年を迎える市民活動サポートセンターも、「誰も取り残さない」というキーワードのもと、市民のみなさんと連携して地域課題の解決へ向けた新たな取り組みを行ってまいります。

本講演会では、SDGs作成のプロセスや背景、この目標が意味するものについてレクチャー。横須賀のよりよい未来を描くため、若者や市民団体、自治体・地元企業などもまじえた「参加型ワークショップ」を実施します。

【内容】
1.基調講演「持続可能な社会をめざした地域づくり~SDGsの可能性」(60分)
2.市民協働ワークショップ「横須賀からSDGsを考える」(90分)

【講師】江口健介氏(一般社団法人 環境パートナーシップ会議 NPO法人横須賀創造空間)
(講師プロフィ-ル)1988年、横須賀生まれ。大学在学中、国際青年環境NGO A SEED JAPANの活動に参加し、組織内の人材育成や生物多様性条約に向けたキャンペーン、政策提言活動を行う。大学卒業後はベンチャー会社勤務を経て、環境分野の中間支援組織で働く。SDGs(持続可能な開発目標)をフォローしながら、多様な関係者の参加による環境保全の仕組みづくりを全国各地で行う。

●SDGs(エスディージーズ)とは●
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の頭文字を取った略称。持続可能な世界を実現するため「17のゴール・169のターゲット」から構成。「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組む普遍的なものです。

主催:横須賀市立市民活動サポートセンター
協力:一般社団法人 環境パートナーシップ会議(EPC)

臨時休館のお知らせ(2019.10/12 土)

10月12日(土)は、台風接近のため、全日臨時休館といたします。

10月13日(日)は、鉄道等の運行状況により、開館時間が遅れる可能性があります。休館となる場合もあります。

センターをご利用の皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

横須賀市立市民活動サポートセンター