情報誌「のたろん」秋号(2017.10.1.発行)


情報誌のたろん

横須賀市立市民活動サポートセンターの季刊誌「情報誌のたろん」の秋号です。

特集は「シニアの方の市民活動、ボランティア」
11月から12月にかけて、横須賀市や横須賀市近郊でおこなわれるイベントを紹介する「ひくてあまた月間」。そこにエントリーされている市民活動団体をご紹介。

連載「人」では 三浦半島の文化を考える会でご活躍中の 久保木実さん。子どもの頃の話から、若き教員時代、地域の歴史を書いた社会化の副読本を作った話など、横須賀の歴史探究者、久保木さんのルーツをさぐります。

のたろんアンケート、今回は「あなたの好きな刑事モノは?」「悪かったなぁ・心残りだったこと」うへ?と思う回答もありました。

コラム「地震のことと山のこと」引き続き、元 三浦半島活断層調査会の松﨑健一さん。山とともに青春時代を過ごした松澤さんご自身のエピソードが語られます。

<ダウンロード>

情報誌「のたろん」2017年度 秋号(2017年10月1日発行)PDF 1MB

横須賀市内、近郊の駅構内、金融機関、行政施設、サポートセンターに置いてあります。