市民活動サポートセンターを安全にご利用いただくために

再開日、2020年7月1日(水)より実施
※状況に応じて変更する場合があります。

< 新しいルール >

「密」を防ぐために利用者数の制限などを行います。ご理解、ご協力をお願いいたします。

1.受付時にお願いすること

  1. 発熱またはその他の風邪の症状のある方は利用をご遠慮ください。
  2. 入館する方全員の検温を実施します。(非接触型体温計によりスタッフが検温いたします。)
  3. 入館前に入口にある消毒液で手指を消毒してください。
  4. 施設内ではマスク着用をお願いします。
  5. できるだけ、人と人との距離を取るようお願いいたします。
  6. 万が一感染が発生したと行きに備えて、利用票に当日利用された方の代表者のお名前と電話番号をご記入ください。感染が発生した際にはその方に連絡をとり、当日利用されていた方全員の名簿を提出していただく場合がありますのでご了承ください。

2.ミーティングをする場合

  1. 1団体10人程度までの利用をお願いいたします。
  2. ミーティングコーナーの予約は1団体最大10人、3時間までとします。
  3. 同一時間帯に複数の団体の予約ができなくなります。
  4. センター全体での利用人数を抑えるために、長時間でのご利用を控え、譲り合ってお使いいただけますようお願いいたします。
  5. 混雑時には入館を制限する場合がありますのでご了承ください。

3.印刷などの作業をする場合

  1. 印刷機の予約は1台のみといたします。予約時間は最大3時間までといたします。
  2. 1団体4人程度でのご利用をお願いいたします。

上記「新しい利用様式」は当面の間実施いたします。新型コロナウィルスの感染拡大の状況により、また、利用者の皆さんのご意見をお聞きしながら修正をしていきたいと思いますので、ご利用いただいてお気づきの点がありましたらご遠慮なくお寄せください

参考
横須賀市のホームページ | 横須賀市立市民活動サポートセンター
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2405/sisetu/fc00000424.html

【市民活動アンケート】新型コロナウィルス感染拡大防止に伴うアンケート調査のお願い

このアンケートは終了しました。
ご協力ありがとうございました!

アンケートにご協力ください。

アンケートの趣旨
新型コロナウィルス感染拡大にともない、横須賀市の市民活動にどのような影響があるのかを把握し、今後の支援の在り方や活動の工夫などについて共有し、考えることを目的としています。

調査対象:横須賀市立市民活動サポートセンター登録団体
調査期間:2020年6月15日(月)まで

調査結果の公表は、のたろんジャーナル、情報誌のたろんへの掲載を予定しています。

回答方法

Webから↓↓↓


郵送またはFAXで↓↓↓

用紙のダウンロード

(WORD)新型コロナウィルス感染拡大防止に伴うアンケート

(PDF)新型コロナウィルス感染拡大防止に伴うアンケート

横須賀市立市民活動サポートセンター
〒238-0041 横須賀市本町3-27
TEL: 046-828-3130
FAX: 046-828-3132
info@yokosuka-supportcenter.jp

【募集】市民活動・ボランティア情報冊子 2020年版

『ボランティア情報冊子』2020年度版を作ります。

サポートセンターでは、ボランティアや市民活動の場を求めている方に向け、ボランティア募集冊子を発行しています。
完成した冊子は、活動する場を求めている方々へ情報提供するため、市内外機関へ配布したり、サポートセンターでのボランティア相談の際にも活用しています。

発行:7月下旬(予定)

掲載を希望する団体を募集しています。
ボランティア募集や会員募集の情報掲載を希望される団体はお申込みください。

申込方法
「ボランティア情報 内容記入票」をサポートセンターへ提出してください。

締切: 2020年 6月20日(火)

FAX: 046-828-3132

Eメール: info@yokosuka-supportcenter.jp

⇒要項を見る(PDF)

【ボランティア情報 内容記入票】のダウンロード

⇒記入票(WORD)

⇒記入票(PDF)

臨時休館のお知らせ(休館期間の延長 5/25の情報)

サポートセンターは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、臨時休館しますのでお知らせいたします。

休館期間:2020年 3月4日(水)〜 6月30日(火)まで(※)

横須賀市では、緊急事態宣言解除後の施設の再開について、「ステップ1」から「ステップ3」の段階を踏んで行っていくことを発表しました。当センターは「ステップ2」の7月1日(水)から再開する予定です。
皆様のご理解・ご周知の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

ただし、スタッフは待機していますので、下記事項につきましては対応いたします。

*スタッフの対応時間9時から17時となります。ご注意ください。

  • 電話やメールによるご相談
  • 貸出ロッカー(荷物の出し入れに限る)
  • 貸出レターケース(引き取りに限る)
  • ロッカー・レターケースの申請、ボランティアポイントの換金 など
  • 印刷代行

(※)今後の状況によっては休館期間及び対応を変更する場合があります。

参照:市民活動サポートセンター | 横須賀市のホームページ https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2405/nagekomi/20200302saposenkyuukan.html 

横須賀市のホームページ(施設の段階的な再開について)https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0520/after_covid-19.html

【受付中】印刷代行サービス

実施期間 ~2020年6月30日(火)まで

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、横須賀市立市民活動サポートセンターは臨時休館となっております。
臨時休館の間、印刷について、サポートセンターで代行することにいたします。お気軽にお問合せください。

金額や詳細につきましては「印刷代行サービスの要項」をご覧ください。

申込方法

メールまたは郵送にて「依頼書」をお送りいただくか、予め電話でご連絡ください。

横須賀市立市民活動サポートセンター
〒238-0041横須賀市本町3-27

TEL: 046-828-3130
FAX: 046-828-3132

メールアドレス
info@yokosuka-supportcenter.jp

ダウンロード

印刷代行サービスの要項(PDF)

依頼書(PDF)
依頼書(WORD)

利用者の声(2020年3月)

あなたのご意見を聞かせてください。
施設利用のときに受付で書いていただく「利用票」の裏にある「利用者アンケート」、サポセン入口付近にもアンケートの用紙と箱があります。

【横須賀市立市民活動サポートセンター】
メールアドレス:
info@yokosuka-supportcenter.jp
TEL: 046-828-3130
FAX: 046-828-3132
市民活動に関する相談も行っています。お気軽にお寄せください。

感謝・お褒めの言葉

◆新型コロナウイルスのための施設休館は仕方がないことと思いますが、同時にそれにより私達にとってサポセンがどんなに重要な場であるかという事を改めて実感しています。早くウイルスを退治して、また出入りが出来る日を心待ちしています。

こんな利用をしました

◆休館を知らず印刷に来ました。残念です。

ご意見・ご要望

  • 明日から休館と聞いて今日来ました。休館すごい迷惑です。印刷などの作業は問題ないと思う。現場主義でお願いしたい。
  • 臨時休館はおおげさではないか。市民活動は自主自立なのだから、それぞれの判断に任せるべき。
  • 月に1回会報誌作りで利用しています。印刷機を使用できないことで大変困りました。早期の開館を望みます。
  • 一人で印刷することは許可してほしい。
  • (他、印刷機の使用要望多数いただきました。)

⇒◇回答

新型コロナウィルスの感染防止のため、3月4日(水)よりサポートセンターを臨時休館しております。
サポートセンターに集まること自体も感染のリスクになりますが、センターへの行き帰りも感染のリスクとなります。市民活動の場を保証することが当センターの目的でありますが、市民の皆様の健康が最優先と考え今回の対応となりました。ご理解いただければと存じます。
印刷機の使用を望まれている方が大変多く、問い合わせも多くなっております。一日も早い収束を願っております。

  • 夜間等サポートセンターの照明等が暗いと防犯的にも精神的にも必要かと。

⇒◇回答
臨時休館中もスタッフは詰めておりますので、館内一部の照明は点灯しておりますが、利用していないエリアに関しては消灯しております。全面点灯していると、開館していると誤解する方もいらっしゃいますし、省エネの観点からも部分点灯で対応したいと考えております。夜間に外から見ると暗いので、防犯上不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご理解いただければと存じます。

情報誌「のたろん」春号(2020.4.1.発行)

情報誌のたろん

横須賀市立市民活動サポートセンターの季刊誌「情報誌のたろん」の春号です。

例年は「春だし新しいこと始めよう!」という企画の春の情報誌のたろん、サポセンが休館になってしまったため、「始めようよ!」って言えなくなってしまいました。
みんなが楽しみにしていた「のたろんフェア2020」の報告会も交流会も中止になったし、なんだか消化不良…そこで、今回の情報誌のたろんの特集は、、、
「【大報告】のたろんフェア2020」です!
「逆境に負けない」というより逆境も味方に変える縦横無尽なみんなのアイデアに驚きのフェアだったなあと思い返しながら編集しました。
市民活動を支える人たち、連載「人」では、「わらいき」でご活躍の やましたゆか さん。のたろんフェア、野外PRイベントのステージの進行役を、館内ではマイク片手に声で会場を盛り上げてくれました。
連載「おしえてぬまちゃん」、のたろん、また新しいもの見つけました。
コラム「甘党錦鯉」第5話は、、、そろそろ え?
どうぞお楽しみください。

ダウンロード
情報誌「のたろん」2020年度 春号(2020年4月1日発行)PDF 1.5MB

あ、そうそう。。。
今回も、コラム「甘党錦鯉」の筆者 小串さんから写真をお預かりしましたよ!

愛錦鯉の写真

愛錦鯉
すばしっこくて撮影者泣かせ…(;^_^A
愛錦鯉
ホントに仲がいいんですこの2匹( ´∀` )
愛錦鯉
さて、この2匹はなんて種類かわっかるっかな~♪
愛錦鯉
たまにカメラ目線をくれたりもする人懐っこい子たちです

利用者の声(2020年2月)

あなたのご意見を聞かせてください。
施設利用のときに受付で書いていただく「利用票」の裏にある「利用者アンケート」、サポセン入口付近にもアンケートの用紙と箱があります。

感謝・お褒めの声

◆9日 のたろんイベントありがとうございました。色んなお店とバザーが沢山あってとっても楽しかったです。色んな人とお話が沢山できたり学ぶことも出来ました。スタッフの皆さんのお店で買いました。赤いカバンきれいな赤でとっても使いやすくてお気に入りのカバンでうれしいです。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
(補足:)2月8日(土)2月9日(日)は、サポセンでは年に1回の横須賀の市民活動団体のイベント「のたろんフェア2020」をおこないました。

◆ 人数の多い時にパネルを使わせてもらうのは有難いです。
(補足:)サポセンの会議のスペース「ミーティングコーナー」には、移動可能なパーテーションのパネルが常備されています。

◆ 21日報告会中止残念でした。私は報告会楽しみにしていました。が中止になって残念でしたがサポートセンターさんから報告のお手紙を頂けてとても嬉しかったです。ありがとうございました。皆さんもお体に気を付けて頑張ってください。
(補足:)2月21日(金)に、のたろんフェア2020の報告会が予定されていましたが、新コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました。後日、作成した報告書類を、参加団体のみなさまに送りました。

◆ 効果的で活気ある会が出来ました。ありがとうございました。

◆ トラブル対応にすぐ対応して頂きありがとうございました。

◆ 親切な対応に感謝です。

ご意見

◆ インフルエンザかかる人もいればはいえんのびょうきで来れない人もいればのどウイルスキンのえいきょうで中央中止

⇒回答
ご意見ありがとうございます。感染症の影響が様々なところに出ています。当センターも3月4日から臨時休館していますが、作業所販売もできないところが多いと思います。この事態が早く終息するためにも、私たちができることを考えていきたいと思います。

のたろん通信4月号はお休みします

毎月1日発行の「のたろん通信」2020年 4月号は、お休みいたします。

のたろん通信休刊

のたろん通信とは
横須賀の市民活動情報誌「のたろん通信」は、その月の市民活動団体のイベントやお知らせ、活動に役立つ情報がぎゅっとつまったフリーフライヤーです。
横須賀市内、近郊の駅構内、金融機関、行政施設、サポートセンターに置いています。