被災地支援市民ボランティアに参加


11月11日より釜石へと出発、12日午前8時頃、活動地(昭和園クラブハウス)に到着。
10時開場にむけ、サロン開場設営、仮設住宅へのチラシ配りと、それぞれの役割を皆、被災者が喜んでもらえるだろうかと期待を膨らませながら、準備に励んでいました。チラシの成果か5,6人の方が早くから待っていてくれました。私は「卵など差し上げたい班」で、 “被災地支援市民ボランティアに参加” の続きを読む

よこすか発 釜石お訪ね隊 「サロンよこすか」に参加して


釜石市内の仮設住宅に隣接した昭和園クラブハウスでサロンを開きました。ここは周りに商店や住宅街がたくさんある町中でした。

夕べまでの雨で駐車場は少しぬれていましたたが陽が上がるにつれて乾き、晴天で風も無いので外は暑いくらいでした。 “よこすか発 釜石お訪ね隊 「サロンよこすか」に参加して” の続きを読む

2011年度 横須賀市 市民協働推進セミナー

2011年度横須賀市市民協働推進セミナー

持続性のある社会貢献を考える ─ 熱意のその先にあるもの ─

市民活動団体が活動を継続していくためには…
多様な社会の問題に取り組む市民活動団体が活動を継続していくためには何が必要なのか、様々な切り口から考えます。

会場:産業交流プラザ(京浜急行汐入駅徒歩1分)
対象:市民活動団体、NPOのボランティア、スタッフ、市民活動をはじめようと思っている方、すでに始めている方
定員:各回30名(1回ごとの参加も受け付けます)*先着順。定員に達しない時は当日も受け付けます。
参加費:無料
応募方法:電話、FAX、Eメール(お名前、ご住所、電話番号、希望の講座をお知らせください)
運営:NPO法人YMCAコミュニティサポート
主催:横須賀市

  • 第 1回目 「ご近所力で持続性のある活動を」
    2011年 11月19日(土)13:30~15:30
  • 第 2回目 「持続する事で見えてくるもの」
    2011年 11月26日(土)13:00~15:00
  • 第 3回目 「被災地への継続的な支援を考える」
    2011年 12月3日(土)13:00~15:30
  • 第 4回目 「コミュニティビジネスの手法から、継続のヒントを学ぶ」
    2011年 12月10日(土)13:00~15:45

講師紹介

第1回 11月19日(土)

福祉コミュニティ 湘南たかとり福祉村 伊東モト子さん
ワーカーズ・コレクティブサポート横須賀を立ち上げに参画、コーディネーターを務める。NPO法人格を取得し、 “2011年度 横須賀市 市民協働推進セミナー” の続きを読む

報告:ボラバス参加 2011.8/5-8/7

【報告】横須賀発・市民ボランティアバス

日時:2011年8月5日(金)~7日(日)
行き先:岩手県 山田町
参加者:42名
(災害ボランティア6名、社会福祉協議会1名、一般35名)
※男性36名、女性6名  ※高校生9名
宿泊地:岩手県 山田町 海洋センター

○スケジュール

(1日目)
20:00 総合福祉会館 集合(受付、確認事項)
20:30 出発
      東北道で自然渋滞あり(佐野周辺)

(2日目) “報告:ボラバス参加 2011.8/5-8/7” の続きを読む

報告:今、私たちにできること(動画)

第一部 基調講演「今、私たちにできること」阿部志郎名誉学長
【動画01】
日本は過去に幾度となく大きな災害に遭い、そして復興してきました。
県大名誉学長阿部志郎先生に、私たちは過去から何を学び、今何が必要なのかをお話いただき、共に考える時間を持ちます。

第二部 ボランティアからの報告(3団体)
【動画02】
(1)被災地の子どもを支援する神奈川市民の会(実行委委員長 横浜YMCA田口努さん)
 宮城県気仙沼の報告とボランティアバスについて

【動画03】
(2)YMCA三浦ふれあいの村(青木信哉さん)
 YMCA宮古ボランティアセンターでの活動報告(岩手県宮古)

【動画04】
(3)横須賀災害ボランティアネットワーク(鷹野克彦さん)
 神奈川の被災民受け入れ施設でのボランティア報告

第三部 継続した支援を
【動画05】
(1)東日本大震災全国ネットワーク
 (世話人 保健福祉大前学長 山崎美貴子さん)
 発足した全国規模のNPO支援体制の報告

【動画06】
(2)横須賀市の支援状況報告
 市の支援状況について説明(政策推進課)

【動画07】

(3)各支援団体からのアピール
・FMブルー湘南
・WE21ジャパンよこすか
・横須賀青年会議所
・衣生活ネット花
・横須賀市社会福祉協議会
・オーシャンファミリー海洋自然体験センター

全体まとめ
【動画08】
 (世話人 保健福祉大前学長 山崎美貴子さん)

動画作成協力: NPO法人湘南市民メディアネットワーク

報告:今、私たちにできること

東日本大震災 緊急報告会「今、私たちにできること」
雨の中、多くの方々にご参加いただきありがとうございました。
当日の写真を掲載します。講演者、発表者の熱い気持ちと被災地・避難民の方々に寄り添いたいという多くの参加者の気持ちが伝えられるのではないかと思います。
講演、報告の内容は、後日改めて報告させて頂きます。
また今後の東日本大震災の被災地・避難民の支援活動の情報も、ホームページ上での掲載または「のたろんメール」で配信させていただきます。
横須賀市立市民活動サポートセンター館長 高橋 亮

⇒写真 東日本大震災 緊急報告会「今、私たちにできること」:撮影(フォト・フレンズ)

報告:今、私たちにできること(メディア)

○ 神奈川新聞 朝刊 4月24日(日)

○ 横須賀のボランティア団体、被災地支援の緊急集会-
「今、できること」話し合う場に
2011年04月20日
http://yokosuka.keizai.biz/headline/547/

○ カナロコ(東日本大震災ボランティアが緊急報告会、被災者支援を考える/横須賀)
2011年4月23日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104230032/

講演会:今、私たちにできること

東日本大震災は、戦後最大の被害と多くの被災者を出しました。全国、そして世界からの支援が広がっていますが、復興への困難な道のりも想定されてます。今、この横須賀の地から私たちは何を考え、何をしたらよいのか。市民、NPO、行政、全ての人が共に考える緊急集会です。

日時: 2011年 4月 23日(土)10:00~13:00(開場9:30)
場所: 神奈川県立保健福祉大学(講堂)横須賀市平成町1-10-1(京急「県立大学」駅より徒歩8分)
※参加費は無料。定員500名(予約不要)
⇒案内チラシを見る “講演会:今、私たちにできること” の続きを読む

報告: 街頭募金

2011年3/26(土)より4/17(日)までの土曜日と日曜日、街頭募金をおこないました。
募金合計額は、 269,611円でした。
お預かりしたお金は横須賀市より日本赤十字社を通じて被災者の方々に責任をもってお届けいたします。みなさまのご協力、募金活動に参加してくれたみなさん、ありがとうございます。