【募集】市民活動・ボランティア情報冊子 2021年版

『ボランティア情報冊子』2021年度版を作ります。

サポートセンターでは、ボランティアや市民活動の場を求めている方に向け、ボランティア募集冊子を発行しています。
完成した冊子は、活動する場を求めている方々へ情報提供するため、市内外機関へ配布したり、サポートセンターでのボランティア相談の際にも活用しています。

発行:6月下旬(予定)

掲載を希望する団体を募集しています。
ボランティア募集や会員募集の情報掲載を希望される団体はお申込みください。

申込方法
「ボランティア情報 内容記入票」をサポートセンターへ提出してください。

締切: 2021年 5月20日(木)

FAX: 046-828-3132

Eメール: info@yokosuka-supportcenter.jp

⇒要項を見る(PDF)

【ボランティア情報 内容記入票】のダウンロード

⇒記入票(WORD)

⇒記入票(PDF)

スケジュール:夏のボラ市2021

2021 7.17.sat – 8.31.tue 期間中の市民活動イベントをサポートセンターがバックアップ!イベントや体験を通じてボランティア・市民活動への関心を深める催し

夏のボラ市2021

facebookのページ

夏のボラ市のfacebookページです。参加団体のボランティア、イベント情報を発信します。

⇒こちらよりご覧ください。

夏のボラ市2021 ダイジェスト版

ダウンロード

夏のボラ市2021の冊子は、サポートセンターの他、市役所や行政センターなどの公共機関や京急、JRの駅にも置いています。

PR展示

各団体が作成したイベントのポスター、夏のボランティア市民活動のPR展示です。

7月1日(木)~8月31日(火)
@横須賀市立市民活動サポートセンター

7月5日(月)~7月9日(金)
@横須賀市市役所 1階展示コーナー

ラジオでPR

FMブルー湘南(78.5MHz)

当サポートセンタープロデュース★「遊びに来ませんかスタジオへ」の時間で夏のボラ市に参加している団体の声をお届けします。

7月21日(水)15:00~15:30
7月28日(水)15:00~15:30
インターネットでも聞けます! http://www.yokosukafm.com/

報告展示

9月18日(土)~10月1日(金)
@横須賀市立市民活動サポートセンター 活動紹介コーナーセンターエリア

10月2日(土)~10月15日(金)
@横須賀市立市民活動サポートセンター 活動紹介コーナーフロントエリア

イベント報告集発行

10月発行予定

〈参加団体向けスケジュール〉

参加団体申込み締切 5月31日(月)

ボラ市申込書(エクセルファイル 34KB)
ボラ市申込書(PDF 120KB)

申込要項(PDF 1.7MB)

参加団体報告会 9月17日(金)19:00~20:30 ※新型コロナウィルス感染拡大状況により、オンライン開催の可能性あり。

報告書、アンケート提出締切 9月17日(金)

活動紹介コーナーの予定(2021年5月)

サポートセンターの一角にある市民活動団体による展示スペース「活動紹介コーナー」月別の予定です。

ドブ板通り側入口の「フロントエリア(★印)」と、館内中央にある「センターエリア」、サポセン館内には2つの展示コーナーがあります。

2021年

【公益社団法人 横須賀青年会議所(横須賀経済再興委員会)】 
5月1日(土)~5月14日(金)

【横須賀市市民部市民生活課】令和2年度市民協働推進補助金交付団体活動紹介 5月14日(月)~5月28日(金)

活動紹介コーナーの利用について
表示の期間は“公開日”ですが、搬入出も含まれている場合があります。余裕を持ってご来館ください。
ご利用方法や、申請書のダウンロードは、「活動紹介コーナーの利用方法」よりご覧ください。

予定は予告なく変更される場合があります。開館情報もあわせてご覧ください。

利用者の声(2021年3月)

感謝・お褒めの声

◆コロナ禍 活動の場を与えていただき感謝しております。

◆ありがとうございました。(2件)

◆市民活動を再開できて本当に良かったです。

◆とても静かで二人でしたが方向性の話しが出来ました。

◆のたろんスタッフの皆さんお帰りなさい。緊急事態宣言が発令してサポートセンター休館になりましたがタウンニュースでサポートセンターの皆さんから元気いっぱいのメッセージが届いてお手紙を頂いてる気分になってとても嬉しかったです。ありがとうございました。3月8日に開館サポートセンターに桜満開になってとっても嬉しい開館です。ありがとうございました。今日3月21日に緊急事態宣言が解除してこれからまたいろいろスタートしてみんなで元気いっぱい頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

◆今日も一日ありがとうございました。今年の2/13、14日のたろんフェアが中止になって少し寂しく残念でしたがのたろんYouTubeを見て本当にイベントをしているみたいにとっても楽しい時間を毎日頂きました。サポートセンターの皆さん楽しいのたろんYouTubeありがとうございました。大切な思い出が出来ました。またいつか平和にのたろんフェアが出来る日を楽しみにしています。

◆今日もサポートセンターで活動いろいろお世話になりました。スタッフの皆さんにサポートして頂き本当に助かりました。3月8日サポートセンター開館して14日で開館時間22時まで元に戻ってすごいですね。去年は7月に開館して8月に元通りでしたが今回はとても早く元に戻ってとっても嬉しかったです。のたろんサポートセンターの皆さんありがとうございました。会の皆さんの元気と笑顔がたくさん戻って来ました。これからも皆さんと健康大切にサポートセンターで活動よろしくお願いします。

ご意見・ご要望

◆ロッカーの抽選について。うちの団体は会員が134名いる。他の団体の会員数はどのようになっているのか?会員数の多い団体と会員が5人位の団体とロッカー抽選が同じ条件というのはおかしい。人数の多い団体は大ロッカーを優先的に使用できる等、規定を設けてはどうか。

◇回答 ⇒ ご意見をありがとうございます。団体の会員状況は、一桁の団体から数百の団体まで、様々です。ロッカーの利用団体については、会員数では制限をかけておりません。会員数が多くても荷物が少ない団体もありますし、会員数が少なくても荷物の多い団体もあります。抽選方法については、団体規模での差別化は考えておりませんので、ご理解いただけますよう、お願いいたします。

◆ロッカー抽選に落選して3月中に荷物を出すようTELがきたが期間が短すぎる。抽選を2月にする等、入れ替え期間に余裕をもたせてほしい。

◇回答 ⇒ ご意見をありがとうございます。ロッカーの募集については、市民活動サポートセンター条例施行規則で申請期間が3月1日から3月20日と定められています。申請を締め切ったのち、応募状況を整理し抽選を行うため、抽選日を3月25日としております。おっしゃる通り、入替え期間が短いですが、団体のご事情により、入れ替えに係る日程を調整いたしますので、ご相談いただければと存じます。

◆ワーキングコーナーのテーブル2基に仕事を放りだしたまま長時間使用しない様子は見ていて腹立たしい。だらしない団体にはしっかりマナーを知らせるべきではないでしょうか。

◇回答 ⇒ ご意見をありがとうございます。広いスペースを占有して、長時間席を外すのは確かにマナー違反と思われます。ワーキングコーナーに荷物を置いて、利用者用パソコンで作業をしているなど、様々な利用状況があると思われますが、スタッフの方で館内の状況を把握し、お声掛けできるよう気を配りたいと存じます。お気づきのことがありましたら、スタッフにお知らせいただければと存じます。

【お知らせ】のたろんフェア2021は中止となりました。

新型コロナウイルスの感染が全国的に広がっていることから、「のたろんフェア2021」開催の中止が決定しました。
年に1度の催しができなくなるのはとても残念なことですが、2021年2月を「のたろんフェア月間」として、動画による団体紹介やサポートセンター館内での活動紹介展示などを実施する予定です。

「のたろんフェア2021月間」をご覧ください。

のたろんフェア2021中止

10月13日の開館について

本日 10月13日(日)は10時より開館いたしております。通常通り22時までの開館となります。

台風の影響が残っているところも多いと思いますので、お越しの際は十分にお気をつけていらしてください。

横須賀市立市民活動サポートセンター 館長 沼崎真奈美

  

【説明会】プロボノ

プロボノワーカー登録説明会

2015年12月5日(土)11:00~12:00
2015年12月10日(木)19:30~20:30                                            2015年12月19日(土)14:30~15:30
場所: 横須賀市立市民活動サポートセンター

団体向け説明会

2015年12月5日(土)14:30~15:30
2015年12月19日(土)11:00~12:00
場所: 横須賀市立市民活動サポートセンター

問合せ・申込み
横須賀市立市民活動サポートセンター
info@yokosuka-supportcenter.jp

probono_ntaln

プロボノに関する意識調査

「プロボノ」についての意識調査にご協力ください。

「プロボノ」という言葉をご存知ですか?
「Pro Bono Publico」(公共善のために)というラテン語から来た言葉で、社会的、公共的な目的のために、職業上のスキルを活かすボランティア活動のことを指します。

横須賀市立市民活動サポートセンターでは、プロボノのプログラムを横須賀で展開する準備を進めています。社会人の職業上のスキルを活かして、市内で活動するNPO(市民活動団体)の支援をするプログラムです。

プロボノでボランティアをしてくれる現役社会人の事を「プロボノワーカー」と呼んでいます。

・ライフワークの充実を考えている方
・社会人ならではのボランティア、社会貢献に関心を寄せる方
・仕事でも、家でもない、社会につながる場を求めている方
・NPOや地域コミュニティなど日常の中で接点のない新しい世界を体感してみたい方
・人が好きで好奇心が高い方
・ひとりでボランティアはハードルが高いと感じている方 ・・・ などなど

一つでも当てはまったら、あてはまらないけど興味があったら・・・プロボノに参加してみませんか。
あなたの職業上の知識や経験で、NPOの力になれることがあります。そしてそれは、NPOが支援している人たちを支援することになります。

今後、プロボノに関するイベント等が決まりましたら順次お知らせいたします。

プロボノ支援に関するNPOのニーズ調査(団体向け)>>